願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ第6波 “12月から再拡大、1月中旬にピーク”  AIが予測=名古屋工業大学の平田晃正教授

〇 11月2日付NHK記事「新型コロナ第6波 “12月から再拡大” AIが予測 警戒呼びかけ」によれば、

新型コロナウイルスの今後の感染状況について、内閣官房の「COVID-19AI・シミュレーションプロジェクト」に参加する名古屋工業大学の平田晃正教授は、人工知能=AIによる分析の結果、12月から再拡大し、来年1月中旬ごろに第6波のピークを迎えると予測し警戒を呼びかけています。

 

 平田教授によりますと、人の流れや気象条件やワクチンの接種状況などの、さまざまな条件を組み合わせてAIで分析、予測したところ、12月になるとワクチンの効果が薄れ、年末の飲食の機会が増えることから、新型コロナウイルスの感染者が再拡大し、感染の第6波が来ると予測されるということです。

 

 第6波のピークは、来年1月中旬ごろになる見通しですが、ワクチンの接種が進んだことで、第5波よりも小さい規模になる可能性が高いと予測されているということです。

 

 平田教授は「第5波については、感染者数が多くなることも、ワクチンの効果で9月で急減することも予測できていた。

 これからの季節は忘年会などで、ふだん関わらない人と接する機会が増えるので、来年1月に第6波のピークが来る。

 その山をできるだけ小さくするためには、引き続き感染対策を徹底することがきわめて重要だ。

 また3回目のワクチン接種をすることで、新規の陽性者が急増するのを防ぐことができる」と警戒を呼びかけています。」