願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ確保病床 4868床に ピーク比27%減

〇 11月5日付日経新聞記事「都内のコロナ病床4868床に ピーク比27%減」によれば、

東京都は4日、新型コロナウイルス患者を受け入れる確保病床が2日時点で4868床と、10月20日時点に比べて96床減ったことを明らかにした。

 9月末の最大確保病床6651床からは27%減少したことになる。

 

 新規感染者の減少を受け、都は10月に入りコロナ病床を4000床に縮小する方針を示した。すでに同月20日時点で4964床にまで減っていたが、足元の感染収束に伴い通常医療の再開に踏み切る病院が増えているとみられる。

 

 都内の直近一週間平均の新規感染者数(4日時点)は20人を下回り、入院患者も120人にまで減った。病床使用率は2.5%まで低下している。

 

 都は感染状況に応じて3段階で病床を増減する考えで、4000床を確保病床の最低ラインとしている。

 医療機関からは公的病院を中心に病床を維持し、民間病院は通常医療を再開できるよう一段の病床縮小を求める声も上がっている。」

 

〇 東京都のHPによれば、確保重症病床は366床となっており、それまでの372床から6床減少しています。

 

(関連記事)

#東京コロナ確保病床縮小 6651床から4964床。重症病床503床から372床へ - 願!コロナ退散