願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ医療体制 経口薬ができると、新型コロナウイルスもインフルエンザのような扱いになりますか?

〇 11月10日放送「情報ライブミヤネ屋」によれば、

「(前略)

Q 経口薬ができると、新型コロナウイルスもインフルエンザのような扱いになりますか?

 

長崎大学大学院 森内教授)

「例えばインフルエンザは新型コロナの変異とはわけが違うくらいにしっかり変異するので、新しいワクチンを毎年打たないといけないです。

 

 それでも十分な有効性はないので、リスクの高い人は、かかったらすぐに診断を受けてお薬を飲むことによって重症化を防ぐことになります。

 

 新型コロナウイルスもそれが期待できる時代にはなりましたけれども、どこにでも普通に診療にかかって、すぐに診断を受けて、発病して2~3日以内にはお薬をもらう体制ができない限りは、いくら経口薬ができても、インフルエンザと同じような診療にはならないです。(後略)」

 

〇 軽症用コロナ飲み薬は、発症後5日以内に投与してもらう必要があります。

 コロナ感染後、近くの病院で検査を受け、陽性の判定がでたら、保健所を介することなく直ちに投薬治療を受けられる日が来ることを願っています。