願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#オミクロン株 NYダウ、大幅安。下落幅・率とも今年最大。新変異型を警戒

〇 11月27日付日経新聞記事「米国株、ダウ大幅続落し905ドル安 下落幅・率とも今年最大 新変異型を警戒」によれば、

「26日の米株式市場でダウ工業株30種平均は大幅に続落し、前営業日の24日に比べ905ドル04セント(2.5%)安の3万4899ドル34セントで終えた。下げ幅、下落率ともに今年最大となった。

 南アフリカ新型コロナウイルスの新たな変異型が見つかり、世界経済の回復が遅れるとの見方が広がった。消費や航空関連株が下げを主導した。

 

 各国政府は変異ウイルスへの警戒感を強めており、英国やドイツが相次いで南アフリカなどからの渡航制限を表明した。世界景気に悪影響が出かねず、投資家はリスク資産の圧縮を急いだ。

 

 ダウ平均の下げ幅は一時1054ドルに達した。新たな変異株の感染拡大で行動制限が強まり、消費を冷やしかねないとの警戒感からクレジットカードのアメリカン・エキスプレスが9%安と急落した。

 

 旅客数が減れば航空機の受注にも響くとの見方からボーイングも5%安と売られた。景気敏感株では建機のキャタピラーや金融のJPモルガン・チェースの下げも大きかった。米長期金利が一時1.47%と前営業日比0.16%低下したのも、利ざや悪化につながる金融株の重荷だった。

 

 ダウ平均の構成銘柄以外では旅行・レジャー関連株の下げが目立った。

 クルーズ船のロイヤルカリビアン・グループは13%安、空運のユナイテッド航空ホールディングスは10%安、ホテルのマリオット・インターナショナルは6%安で終えた。

 

 ニューヨーク原油先物が13%安となり、シェールオイル企業など石油株にも売りが広がった。

 

 半面、「巣ごもり消費」の関連銘柄の一角は買いが優勢だった。動画配信のネットフリックスやビデオ会議システムのズーム・ビデオ・コミュニケーションズが上昇。コロナワクチンの需要拡大の期待から、製薬のファイザーやバイオ製薬のモデルナは急伸した。

 

 ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は反落した。前営業日の24日に比べ353.569ポイント(2.2%)安の1万5491.657で終えた。電気自動車のテスラ、半導体のエヌビディアやアドバンスト・マイクロ・デバイスAMD)の下げが目立った。

 

26日は25日の感謝祭翌日にあたり、米株式市場は午後1時までの短縮取引だった。」