願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#オミクロン株 南アフリカ、指数関数的増加、陽性率27%。感染者は、より年齢の高いグループに移行

〇 12月2日付時事通信社記事「南アフリカ「指数関数的に増加」 オミクロン株で感染者倍々に 新型コロナ」によれば、

南アフリカの国立伝染病研究所(NICD)当局者は1日の議会で、オミクロン株の影響で新型コロナウイルス感染が過去2週間で「指数関数的に増加」し、「憂慮すべき」状況にあると表明した。

 

 NICDによると、過去24時間の新規感染者は8561人。11月30日は約4400人、同29日は2300人だった。

 ヨハネスブルクを含む最大州ハウテン州での検査陽性率は1日、27%に跳ね上がった。

 感染は最初に10~29歳の若者の間で広がった後、「より年齢の高いグループに移り始めている」という。」

 

〇 12月2日付毎日新聞記事「南ア、11月感染例の7割がオミクロン株 急速に拡大」によれば、

「世界各地に感染が広がっている新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」について、南アフリカ国立感染症研究所は1日、同国内の11月の感染例の74%を占めていたとする調査結果を発表した。

 10月時点ではデルタ株が92%を占めており、急速にオミクロン株に置き換わっている実態が浮かび上がった。

 

 同研究所によると、11月にゲノム(全遺伝情報)解析をした249件のうち183件がオミクロン株だった。最も早い検出は11月8日で、首都プレトリアや最大都市ヨハネスブルクがあるハウテン州だった。既に11月上旬には同国内でオミクロン株の感染が始まっていたとみられる。

 

 南アでは1日、8561人の新たな感染を確認し、1週間前(11月24日)と比べて6倍以上に増えた。南アの専門家は、オミクロン株はデルタ株よりも感染力が高い恐れがあるとみており、重症化の度合いやワクチンの効果について詳しい調査を進めている。」

 

南アフリカ新規感染者数推移

 
   

7日間移動平均

11/1

106

 

11/2

169

 

11/3

344

 

11/4

319

 

11/5

339

 

11/6

358

 

11/7

205

263

11/8

116

264

11/9

245

275

11/10

305

270

11/11

356

275

11/12

393

283

11/13

306

275

11/14

0

246

11/15

398

286

11/16

273

290

11/17

566

327

11/18

0

277

11/19

1,374

417

11/20

887

500

11/21

687

598

11/22

312

586

11/23

18,586

3,202

11/24

1,275

3,303

11/25

2,465

3,655

11/26

2,828

3,863

11/27

3,220

4,196

11/28

2,858

4,506

11/29

2,273

4,786

11/30

4,373

2,756

12/1

8,561

3,797

       

資料:ジョンズ・ホプキンス大学