願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン副反応 注意すべき「胸痛」を見逃してはいけない

〇 12月4日付日刊ゲンダイ ヘルスケア記事「ワクチン接種後の報告多数 注意すべき「胸痛」を見逃してはいけない」によれば、

新型コロナワクチンを打った後、胸の痛みがしばらく続いた--。こんな報告が相次いでいる

 胸痛は心臓病の代表的なサインといわれる。重篤な病気を見逃さないためにもどんな痛みに注意すべきなのかを知っておきたい。

 東邦大学名誉教授で循環器専門医の東丸貴信氏に聞いた。

 

 厚労省が11月12日に公表した「医療機関からの副反応疑い報告状況」によると、ファイザー社のワクチン接種後(推定接種回数1億5545万4673回)に「胸痛」が起こった例は146件、「胸部不快感」が208件。

 モデルナ社(同3063万2541回)では、「胸痛」が54件、「胸部不快感」が36件となっている。

 同じく「製造販売業者からの副反応疑い報告状況」では、ファイザーが260件/309件、モデルナが30件/9件だった。

 

「接種後に胸痛を訴えて医療機関を受診する患者さんに、心電図、心臓エコー、血液検査などを行っても異常は見つからず、ほとんどが数日で自然に治まるといいます。そのため、実際には報告されていない件数が多いと推察します。

 ワクチン接種によってなぜ胸痛が起こるのかについて、はっきりしたことはわかっていません。

 現時点では、新型コロナのmRNAワクチンが体内で作り出すスパイクタンパク質が一因だろうと考えられています。

 作られたスパイクタンパク質に対する自己免疫反応や、サイトカインストームによって心筋が炎症を起こして痛みが出たり、スパイクタンパク質が神経系に複雑に作用している可能性もあります。

 ワクチンによって体内でスパイクタンパク質が作られるのは1週間前後といわれているので、仮に胸痛と関係があるとすれば、多くはその期間に痛みが治まると考えられます」

 

 胸痛が一時的なものであれば、過剰に心配する必要はない。ただ、厚労省が注意喚起しているように、心筋炎などの心臓トラブルが生じているケースもある。

 また、高血圧、高血糖高脂血症といったリスクを抱えている人が、接種をきっかけに何らかの心臓病を発症し、胸痛がサインとして表れていることも考えられる。(後略)」

 

〇 厚労省は、ワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について、通常の注意喚起から「重大な副反応」に警戒度を引き上げています。

 

(関連記事)

#ワクチン副反応 「心筋炎・心膜炎」、通常の注意喚起から「重大な副反応」に警戒度を引き上げ=厚労省 - 願!コロナ退散