願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#沖縄オミクロン株 米軍基地の日本人従業員が数人感染。基地で100人規模のクラスター

〇 12月17日付沖縄タイムス記事「沖縄でオミクロン株を初確認 日本人従業員が数人感染 米軍基地で100人規模のクラスター」によれば、

「新たな変異株「オミクロン株」に沖縄本島北・中部在住の数人が感染したことが17日、分かった。

 感染したのは、いずれも海兵隊基地キャンプ・ハンセンで働く日本人基地従業員。県内でオミクロン株の感染が確認されるのは、初めて。

 

 キャンプ・ハンセンでは17日までに100人規模の感染が確認されており、クラスター(感染者集団)となっている。

 関係者によると米軍はオミクロン株の検査をしていない。基地内で同株の感染が広がっている疑いがある。

 

 在沖米海兵隊は同日、部隊配置計画の一環でキャンプ・ハンセンに到着した複数の隊員から新型コロナウイルスクラスターが発生したと発表した。同日午後6時から玉城デニー知事が記者会見を開く予定。

 

 米軍は基地内の警戒レベルを示す「健康保護態勢(HPCON)」を上から3番目の「B(ブラボー)」に引き上げた。

 

 海兵隊は「隊員らは、行動制限下に置かれており、基地外の地域住民との接触は一切ない。陽性者全員は隔離下にある」と説明。「感染拡大防止のため積極的に検査を実施し、濃厚接触者を追跡している」としている。また、感染拡大防止のためハンセンの健康保護措置を引き上げた。

 

 隊員らがどのように沖縄へ来たのかや、到着後の基地外への移動の有無などは分かっていない。