願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京医療体制 新たな酸素・医療ステーション設置、オミクロン株拡大に備え

〇 12月25日付朝日新聞記事「新たな酸素・医療ステーション公開 東京都、オミクロン株拡大に備え」によれば、

「新型コロナの変異株・オミクロン株の感染拡大が懸念される中、東京都は25日、北区・赤羽に開設する軽症者向けの「酸素・医療提供ステーション」を報道陣に公開した。

 民間検査機関で希望すれば誰でも受けられる無料検査も同日、都内12カ所でスタート。27日にはドラッグストアなど全180カ所に拡充される。

 

 酸素・医療提供ステーションは都内では5カ所目で、旧病院を改装して整備した。28日に53床で運用を始め、状況に応じて最大150床を用意する。

 

 軽症者への酸素投与や抗体カクテル療法などを実施し、うち10床では人工透析も可能になっている。

 

 この日視察した小池百合子知事は「オミクロン株の市中感染が判明した中、人工透析を必要とする患者には高機能なステーションは心強いものになる」と強調した。

 

 ステーションは現在、中央区練馬区調布市内の計3カ所で運営。都は28日に、休止させていた渋谷区の「都民の城」のステーションも運用を再開し、計5カ所で受け入れる。

 

〇 オミクロン株に感染した場合は、抗体カクテル療法ではなく、ソトロビマブによる治療を受けられるのでしょうか。

 

(関連記事)

#抗体カクテル療法 オミクロン株に効果期待できず、投与推奨せず=厚労省。「ソトロビマブ」は効果が維持 - 願!コロナ退散