願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京都無料PCR検査 180か所で、1日3万件。12月27日から

〇 東京都HP「PCR等検査無料化に関するご案内」によれば、

PCR等検査無料化事業 東京都福祉保健局

「(前略)

 このたび、オミクロン株の市中感染が発生したことを受け、当面の間の措置として、令和3年12月25日から、感染リスクが高い環境にあるなど感染不安を感じる無症状の都民の方が、無料でPCR等検査を受けられるようにします。

 

無料検査の対象となる方

(1)飲食、イベント、旅行等の活動に際して、ワクチン接種証明や陰性の検査結果を確認する必要がある方のうち、無症状で下記に該当する方

 基礎疾患、副反応の懸念など健康上の理由によりワクチン接種を受けられない方

 12歳未満の子供

 

(2)発熱などの症状のない 無症状の都民の方で、下記に該当する方

 感染している可能性に不安を抱える方

 あらかじめ感染不安を解消しておきたい事情がある方

 

無料検査を受けられる場所

 東京都PCR等検査無料化事業の登録を受けた薬局、民間検査機関等

(順次拡大していきます。)

検査を受けられる場所一覧(12月25日時点)

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/kensa/kensasuishin.files/PCRkensabasyo.pdf

 

無料検査実施期間

(1)令和3年12月23日(木)から 令和4年3月31日(木)まで

(2)令和3年12月25日(土)から 令和4年1月31日(月)まで

 

受けられる検査の種類

(1)PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む)

(2)抗原定性検査

 ※ 受検者本人が検体採取する場合、検査事業者(検査管理者)による立会いが必要となります。

 ※ 当該無料検査による検査の結果は、受検者が新型コロナウイルス感染症の患者であるかについて診断結果を示すものではありません。検査結果が陰性であっても、感染している可能性を否定しているものではないことにご留意ください。

 

無料検査を受けるための手続き

(1)検査を受ける場所(検査事業者窓口)に受検者本人がお越しください。

(2)窓口で検査申込書をご記入ください。

   本人確認のため住所・年齢等の確認できる身分証明書(運転免許証、マイナンバーカド、学生証、在留カード等)が必要となります。

(3)検査を受検します。

(4)検査結果通知書を発行します。(PCR検査等の場合は翌日以降となる場合もあります

 

検査結果通知書の有効期限

(1)PCR検査等 : 検体採取日の3日後まで

(2)抗原定性検査 : 検体採取日の翌日まで

 ※ 検査結果が「陽性疑い」の場合には、必ず医療機関を受診していただきます。」

 

〇 12月25日付日テレNEWS24記事「感染に不安…東京で無料PCR検査開始」によれば、

「(前略)都は、25日時点で都内12か所で実施し、今月27日から検査機関や薬局など180か所で、1日3万件の検査を実施できるよう体制を整える方針です。(後略)」