願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#5~11歳向けワクチン接種 厚労省部会了承、3月にも接種開始へ

〇 1月20日付読売新聞記事「5~11歳向けにファイザー製ワクチン了承…厚労省部会、3月にも接種開始へ」によれば、

厚生労働省の専門家部会は20日、5~11歳向けの米ファイザー製新型コロナワクチンを使うことを了承した

 厚労省は近く特例承認し、26日に開く別の専門家会議で、公費で行う「臨時接種」に位置づけるか審議する。

 政府は2月にこのワクチンを輸入し、3月にも対象の約715万人への接種を始める方針だ。

 

 ファイザー製ワクチンは現在12歳以上に接種されている。5~11歳向けのワクチンは、投与成分量を12歳以上の3分の1に減らし、3週間間隔で2回接種する。

 

 同社によると、5~11歳の子ども約2000人を対象に海外で行われた臨床試験では、90・7%の発症予防効果が確認された。

 ただし、この試験はデルタ株などが主流だった昨年夏に行われたもの。新しい変異株「オミクロン株」への有効性を示すデータは十分には得られていないが、日本小児科学会は「重症化を防ぐことは期待できる」としている。」

 

〇 こどもの重症化率は低いとされており、政府が、こどもを対象にワクチン接種を行うのは感染拡大防止が主たる目的です。

 日本小児学会の「重症化を防ぐことは期待できる」とのコメントは見当違いです。