願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京高齢者施設内感染 患者を入院させず、往診の医師を施設に派遣。病床逼迫回避のため

〇 1月27日付NHK首都圏NEWS WEB記事「東京都 相次ぐ高齢者施設での感染受け 医師の往診を強化」によれば、

東京都は、高齢者施設などで感染が相次いでいることを受けて、往診の医師を施設に派遣する体制を強化しています。

 

 都内では、感染の急拡大にともなって、高齢者施設などでの感染も相次いで確認されています。

 こうしたなか、東京都は27日のモニタリング会議で、高齢者施設などで複数の感染者が確認された場合、往診の医師を派遣して入居者の健康観察や薬の投与を行ってもらう体制を強化していることを明らかにしました。

 

 都の入院調整本部に新たに設置された「往診支援班」が、医師の派遣に関して医療機関と調整するほか、保健所と情報共有をはかっているということです。

 

 これまでは、高齢者施設で感染者が出ると、入院させるケースが多かったということですが、往診を強化することで無症状や軽症などの患者の重症化を防ぐとともに、長期化が懸念される高齢者の入院を減らし、病床のひっ迫を防ぎたいとしています。」

 

〇 治療環境が整わない高齢者施設に感染者を留め置くことで、重症者・死亡者を増やす結果を招く可能性が高いと思われます。

 また、感染者の隔離が徹底されず、高齢者施設内感染の拡大が懸念されます。