願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#北海道コロナ死亡 1月、重症者0人、死亡者27人。

〇 1月30日付毎日新聞記事「北海道、重症者ゼロでも死者1500人超え 「高齢者はリスク高く」によれば、

「30日は北海道内で80~90代の3人の死亡も報告され、新型コロナウイルス感染者の死亡は計1502人になった。1月の死者数は27人に上り、昨年7月以降で最も多い。

 

 コロナ第6波を招いているオミクロン株は、感染力が高いが重症化率は低いとされ、道によると30日時点の軽症・中等症患者が1万9845人に上る一方、重症者はゼロ。だが、死亡は1月下旬から急増し、7日連続で報告されている。

 

 その理由について、札幌医科大の横田伸一教授(微生物学)は「健康状態が元々悪く、コロナの重症病床に移される前に亡くなっている高齢者が多い」と指摘する。実際、1月に亡くなり年代が公表されている26人中25人は70代以上だった。

 

 横田教授は、介護施設でのクラスターなど、感染が若い世代から高齢者に広がっている点を懸念し「健康状態の悪い高齢者にとっては死亡リスクが高い。2回ワクチンを接種しても十分な注意が必要だ」と訴えている。」

 

〇 「健康状態が元々悪く、コロナの重症病床に移される前に亡くなっている高齢者が多い」とのことですが、高齢者の場合、健康状態が元々悪い人が多いため、若年者に比べ致死率が高く、死亡者の8割強が70代以上の高齢者です。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000888134.pdf

 

 問題は、重症病床に移される前に死亡しているという点です。

 コロナ感染から死亡までは、発症~受診~検査~陽性判明~治療~死亡の経過をたどるわけですが、陽性が判明した時点で、重症化しており、治療する間もなく、死に至った可能性があります。

 それがオミクロン株の特徴なのか、検査体制の逼迫で、陽性が判明するまで日数を要しているためなのかはわかりませんが、詳細について調べていただきたいものです。

 

 なお、東京の場合、1月の死亡者は、診断日から死亡日までの経過日数が平均2.7日と、第5波までに比べ短くなっています。(昨年1月は11.7日)。

#東京コロナ1月死亡 診断日から死亡日まで平均2.7日(昨年同月は11.7日) - 願!コロナ退散

 診断日から死亡日までの平均経過日数が2.7日では、重症病床に移す間もなく死亡したケースが多いと思われ、その点で、北海道と共通しています。