願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ軽症者用飲み薬 塩野義、治験で、感染力抑制効果6~8割減少を確認。今年3月までに100万人分の生産を計画

〇 1月31日付産経新聞記事「塩野義のコロナ飲み薬、抗ウイルス効果を確認」によれば、

塩野義製薬は31日、新型コロナウイルスの治療薬として開発中の飲み薬について、服用により、ウイルスの感染力を抑えられる効果を臨床試験(治験)で確認したと発表した。

 飲み薬を飲んだ患者が感染力のあるウイルスを持つ割合は、服用3日目の段階で、偽薬を飲んだ人に比べて6~8割減少していた。

 

 塩野義の治療薬は感染初期の患者向けで、昨年9月から最終段階の治験を始めている。

 日本人69人を対象とした偽薬との比較試験では、1日1回、5日間投与。治療薬を飲んだグループは、3回投与後、偽薬のグループに比べて、感染力のあるウイルスを持つ患者の割合が63~80%減少した。投与による人体への重篤な有害事象は確認されていない。

 

 治験のデータは、今年1月20日より、分析されたものから薬事審査を担う独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出を始めており、抗ウイルス効果に関するデータも一部提出しているという。

 

 飲み薬は承認後に速やかに供給できるよう、昨年12月から国内で商用生産を開始。今年3月までに100万人分の生産を計画している。」

 

(関連記事)

#コロナ飲み薬治験 塩野義製薬、予定より遅れ。国内感染者減で、海外でも治験へ - 願!コロナ退散