願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#自宅療養死 千葉県、70代と90代以上の男性、計2人。90代以上の男性はワクチン3回目接種済

〇 1月31日付千葉日報記事「【速報】千葉県内、自宅療養中の2人死亡 3回目接種済みも 新型コロナ」によれば、

千葉県は31日、新型コロナウイルスに感染した70代と90代以上の男性計2人が死亡したと発表した。

 2人はいずれも死亡前日まで軽症で、自宅療養中に容体が急変。県内医療機関に救急搬送されたが、死亡が確認された。

 

 90代以上の男性は1月下旬にワクチンの3回目接種を終えていた。3回目接種済みのコロナ患者が死亡したのは、県発表分では初めて。

 

 県疾病対策課によると、90代以上の男性は、心臓と循環器系の基礎疾患があった。1月下旬に37度台の熱が出て、県内医療機関を受診。PCR検査で陽性が判明した。医療機関から保健所に提出されたコロナの発生届には「入院の必要なし」と記載されていた。

 

 70代男性はワクチン2回接種済みで、生活習慣病などの基礎疾患があった。1月下旬にのどの痛みが出て県内医療機関を受診し、抗原検査の結果、陽性が判明した。

 同課の担当者は「前日まで重篤な症状がなく、事前に察知するのは難しかった」と説明した。」

 

〇 70代と90代の高齢者2人ともに基礎疾患がありながら入院することなく自宅で死亡しています。

 

 90代男性の場合は、医師の「入院の必要性なし」との判断による自宅療養だったようですが、コロナの場合、容体が急変することが多く、3回目のワクチン接種を受けていたとしても、入院による経過観察・治療が必要だったのではないでしょうか。

 

 70代男性の場合は、保健所の判断による自宅療養だったようですが、高齢で基礎疾患があっても入院できない状況のようです。

 

〇 自宅療養であっても、軽症者向けの治療薬「モルヌピラビル」や「ソトロビマブ」による治療は可能なはずですが、受けていたのでしょうか。

 

〇 千葉県の1月30日時点の即応病床使用率は64%と医療が逼迫しており、軽症者では入院が難しい状況にあるようです。

千葉県の感染状況等/千葉県