願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#うちサポ東京 相談殺到、応対は3割

2月2日付日経新聞記事「自宅療養 届かぬ医療 東京都の電話窓口パンク状態 相談殺到、応対は3割」によれば、

「(前略)

 東京都が開設した24時間対応の電話相談窓口「自宅療養サポートセンター」には、初日の1月31日午前だけで6000件の電話が殺到。オペレーターが応対できたのは全体の3割にとどまった。

 

 半数以上は食料や血中の酸素飽和度を測る機器の配達に関するものだった。

 

 自宅療養者の増加に対し、東京都は50歳未満の軽症者らについて健康観察を本人に委ねる方針に転換した。サポートセンターは自宅療養を支える要だが、初日から対応能力に不安を残した。

 

 東京都は対応する回線数を早急に200から300に増やす。食料や機器の配送はネットで申し込めるようにし、医療に関する相談への対応漏れをなくす。それでも自宅療養の増加に追いつけるか未知数だ。(後略)」

 

(追記)

食料や機器の配送はネットで申し込めるようになりました。下記を参照のこと

#うちサポ東京 食料品・パルスオキシメーターはweb申込みで - 願!コロナ退散

 

(関連記事)

#東京自宅療養 「うちさぽ東京」、1月31日開設 - 願!コロナ退散

#東京コロナ自宅療養・待機 11万8千人(在宅率94%)。2022年2月1日 - 願!コロナ退散