願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ軽症者用飲み薬 「パクスロビド」、2月10日にも承認の可否審議…厚労省部会

〇 2月2日付読売新聞記事「ファイザーの飲み薬「パクスロビド」、10日にも承認の可否審議…厚労省部会」によれば、

「米製薬大手ファイザーが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「パクスロビド」について、厚生労働省は10日にも専門家部会を開き、承認の可否を審議する方針を固めた。

 部会で了承されれば、速やかに特例承認する。米メルクの「モルヌピラビル」に続き、国内で2種類目の軽症者向け飲み薬となる。

 

 後藤厚労相は1日の閣議後記者会見で、1月31日にファイザーと計200万人分の供給について最終合意したと発表した。

 承認され次第、まずは約4万人分が納入される見通し。

 

 パクスロビドは、細胞内でウイルスが増殖するのを抑える薬で、発症3日以内の患者を対象とした臨床試験では、入院・死亡リスクを89%減らす効果が確認された。承認されれば、重症化リスクが高い軽症~中等症患者が対象となる見通し。変異株「オミクロン株」にも有効である可能性が高いとされる一方、不整脈や高血圧などの一部の薬とは併用できず、処方には注意が必要となる。

 

 昨年12月に米国では緊急使用許可が出され、英国では承認された。岸田首相は2月中の実用化を目指すと表明していた。」

 

〇 パクスロビドはモルヌピラビルに比べ効果が高いので大いに期待していますが、当初の供給量は、モルヌピラビル同様少ないのが残念です。

#コロナ軽症者用飲み薬 「モルヌピラビル」。供給量および早期投与体制づくりに課題 - 願!コロナ退散