願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ死亡者急増 厚労省、自治体に「広域火葬計画」整備の事務連絡

〇 2月10日付日刊ゲンダイ記事「厚労省自治体に「広域火葬計画」事務連絡の意味深…<これが政府のコロナ対策?>と批判噴出」によれば、

厚労省医薬・生活衛生局生活衛生課は7日、都道府県、市町村、特別区の衛生主管(部)局宛に「オミクロン株の感染流行に対応した広域火葬計画の整備について」とした事務連絡を出している。

https://www.mhlw.go.jp/content/000894387.pdf

 

 資料には、「オミクロン株の感染力の高さは各方面から指摘されている」「死亡者数も再び全国的に増加」とし、災害発生時と同様に広域火葬計画の整備が重要と書かれていたが、これにはツイッターで早速、批判の声が飛び交っている。

 

〈弱毒化してただの風邪ですらないオミクロン。しかし日本では火葬場の需要ひっ迫に備えて、応援依頼などの整備を指示〉〈まさか色々すっ飛ばして火葬の準備されるとは思わなかった〉〈これが日本政府のコロナ対策?〉といった具合だ。(後略)」

 

〇 広域火葬

「広域火葬」とは、災害等により被災市町村が平常時に使用している火葬場の火葬能力だけでは、当該市町村内の遺体の火葬を行うことが不可能となった場合(当該火葬場が被災して稼働できなくなった場合を含む。)において、主に県内の火葬場を活用して広域的に火葬を行うことをいう。

 

(関連記事)

#都道府県別コロナ死亡者数 ①大阪 ②愛知 ⓷兵庫 ④東京 ⑤北海道 ⑥神奈川 ⑦福岡 ⑧千葉 ⑨広島 ⑩静岡、2022年2月3~9日。 - 願!コロナ退散

 

#広域火葬