願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ重症者数 国基準656人。都基準69人。2022年2月28日

〇 本日の重症者数

重症者数

国基準

都基準

人数(人)

656

69

病床使用率(%)

44.7

13.5

(国基準)①人工呼吸器を使用 ②ECMOを使用 ⓷ICU等で治療のいずれかに該当する患者。

(都基準)人工呼吸器または ECMO を使用している患者。

 

〇 東京都重症者数推移

国基準

           

日付

2/21

2/26

2/27

2/28

増減

 
 

7日前

前々日

前日

本日

前日比

前週比

重症者数(人)

715

663

667

656

▲ 11

▲ 59

病床使用率(%)

48.7

45.2

45.4

44.7

▲ 0.7

▲ 4.0

確保病床(床)

1,468

1,468

1,468

1,468

   
             

都基準(人工呼吸器・ECMO使用)

日付

2/21

2/26

2/27

2/28

増減

 
 

7日前

前々日

前日

本日

前日比

前週比

年代

10歳未満

0

0

0

0

△ 0

△ 0

10代

0

0

0

0

△ 0

△ 0

20代

1

1

1

1

△ 0

△ 0

30代

1

0

0

0

△ 0

▲ 1

40代

4

3

3

2

▲ 1

▲ 2

50代

7

6

8

7

▲ 1

△ 0

60代

16

16

17

13

▲ 4

▲ 3

70代

33

28

28

29

△ 1

▲ 4

80代

17

17

16

16

△ 0

▲ 1

90代

2

2

2

1

▲ 1

▲ 1

100歳以上

1

0

0

0

△ 0

▲ 1

合計

82

73

75

69

▲ 6

▲ 13

平均年齢

71.7

72.1

71.4

72.1

△ 1

△ 0

             

病床使用率(%)

16.1

14.3

14.7

13.5

▲ 1.2

▲ 2.5

確保病床(床)

510

510

510

510

   

(注)平均年齢は、各年代の中央の年齢、例えば、70代の場合は75歳として計算。

 

東京都HP「新型コロナウイルスに関連した患者の発生について【追加情報】」の「都内発生件数」のデータをもとに筆者が作成

 

(注)東京都HPによれば、都が独自で重症者を定義する理由は、以下の通りです。

都では、医療現場の実態を踏まえ、重症病床を戦略的に把握して運用するため、専門家の意見も取り入れながら、令和2年4月27日より、以下のいずれかに該当する患者を重症者としています。

 (1)人工呼吸器管理をしている

 (2)ECMO(対外式膜型人工肺)を使用している

 

なお、ICUに関する基準を用いていない理由は、以下のとおりです。

 〇ICU在室者の全てが、必ずしも重症ではない

 〇人工呼吸管理下の重症患者が必ずしも、ICUに入室していない

 〇集中治療の基準が病院によって異なる可能性がある

 

このことから、都では、人工呼吸器やECMOの導入は、現場における判断の差が出にくく明確な基準であるため、モニタリング指標として戦略的に活用しています。

 

(関連記事)

#大阪府施設クラスター 東大阪市3カ所、茨木市2カ所、摂津市1カ所、計6カ所で新たな施設内感染発生。本日の死亡者12人。2022年2月27日 - 願!コロナ退散

 

#東京都年代別重症者数

#東京都年齢階級別重症者数