願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ治療薬 「ソトロビマブ」。BA.2に対する有効性低下、他の治療薬を推奨、厚労省

〇 4月19日付日経新聞記事「英グラクソの薬、オミクロン派生型で有効性低下」によれば、

厚生労働省は18日、英グラクソ・スミスクラインなどが開発した新型コロナウイルス治療薬ゼビュディ(一般名ソトロビマブ)について、感染力が高いオミクロン型の派生型BA.2に対する有効性が当初の想定より低くなったと明らかにした。

 他の治療薬を優先的に使うよう求めた。

 

 ゼビュディは軽症・中等症向けの点滴薬で、国内でオミクロン型が流行した第6波で多く使われた。

 

 足元ではBA.2と呼ぶ派生型への置き換わりが進み、4月4日までの1週間の都内の新規感染者は8割弱がBA.2疑いだった。」 

 

〇 4月18日付厚労省事務連絡新型コロナウイルス感染症における中和抗体薬の医療機関への配分について(疑義応答集の追加等)」によれば、

 

以下、抜粋

Q.18 オミクロン株(B.1.1.529/BA.2 系統)への有効性について教えてください。

 

 本剤の添付文書(令和 4 年 4 月 18 日改訂)には、「omicron 株(B.1.1.529/BA.2 系統)については、本剤の有効性が減弱するおそれがあることから、他の治療薬が使用できない場合に本剤の投与を検討すること。」とされております。

 現在、BA.2 系統への置き換わりが進んでいることから、本剤の投与にあたっては、公開されている疫学情報等(以下参照)を参考にしてください。

 なお、「他の治療薬が使用できない場合」とは、他の治療薬の使用禁忌・慎重投与に該当する場合等が考えられます。

 

詳細は下記を参照のこと

https://www.mhlw.go.jp/content/000836895.pdf

 

〇 効果が高いとされた「ソトロビマブ」が使えなくなり、残る軽症者用治療薬としては、効果が低いとされる「モルヌピラビル」と、効果は高いものの約40種類の薬と併用ができないという難点のある「パキロビッドパック」の2種類となりました。

#コロナ軽症者向け治療薬 効果の高いソトロビマブに需要が集中、医療現場で十分入手できず - 願!コロナ退散

 

 国産の治療薬として期待の高い塩野義製は、現在、厚労省で承認審査中ですが、効果が十分確認できないようです。

#コロナ飲み薬 塩野義製、早期承認難航 「緊急承認」の可能性も - 願!コロナ退散

 

(関連記事)

#コロナ治療薬 「ソトロビマブ」。米FDA、BA.2主流地域で緊急使用許可を取り消し、効果期待できず - 願!コロナ退散