願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#ワクチン4回目接種 推奨対象=高齢者(60歳以上)、基礎疾患がある人とする見通し、 厚労省

〇 4月25日付NHK記事「ワクチン4回目接種 推奨対象は60歳以上などの見通し 厚労省」によれば、

新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種について、厚生労働省は25日、専門家部会を開き、ファイザーとモデルナのワクチンを使用することを認める方針を決めました。接種を推奨する対象は▼60歳以上の人と▼基礎疾患がある人とする見通しです。

 

 25日夜開かれた、厚生労働省の専門家部会ではファイザーとモデルナのワクチンについて、4回目の接種に使用するかどうかが審議されました。

 

 厚生労働省は部会での議論を踏まえていずれも使用を認める方針を決め、27日、専門家でつくる分科会に諮った上で無料で受けられる公的接種にも位置づけることにしています。

 

 ワクチンを使用できるのは、3回目から5か月がたった人とする方針ですが、接種を推奨する対象は先行している海外のデータなどから▼60歳以上の人と▼基礎疾患がある人とする見通しです。

 

 4回目の接種をめぐっては、先行するイスラエルや欧米でも対象や接種間隔などにばらつきがあります。

 

去年12月30日、最も早く接種を開始したイスラエルでは、

▽対象を60歳以上か、18歳以上の重症化リスクのある人、医療従事者などとし、3回目からの間隔を4か月としています。

 

ことし2月に接種が始まったドイツでは

70歳以上か、5歳以上の免疫不全のある人、介護施設の入所者はいずれも3か月、

▽医療従事者などが6か月となっています。

 

ことし3月に始まったフランスでは、

80歳以上の人や免疫不全のある人で3か月、

 

同じく3月に始まったイギリスでは、

75歳以上か、介護施設で暮らす高齢者、12歳以上の免疫不全のある人で、おおむね6か月となっています。

 

 アメリでは先月末から、50歳以上の人や臓器移植を受けるなどして免疫不全の状態にある人を対象に4か月の間隔で緊急使用が許可されています。

 

 

 新型コロナワクチンの4回目の接種について、国際医療福祉大学の松本哲哉教授は「まず高齢者に対象を絞ることは世界的な傾向だ。海外では重症化しやすい人を中心に追加の接種を進めて重症化を抑えていくというふうに方針を転換してきている」と指摘しています。

 

 そのうえで「何回も打たなければいけないとなると、不安や不満も多くなってくる。高齢者がなぜ打たなければいけないのか、科学的な根拠も含めて分かりやすく説明し、打ったほうがいいと理解してもらえるような説明が必要だ。

 4回目を打てば終わりなのか、今後も接種が必要ならどれくらいの間隔で打っていくのか、明確なデータがないにしても、国は今後の感染の予測も踏まえて国民に説明していくべきだ」としています。(後略)」