願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#米国コロナ 人口の6割が感染、子どもは8割 CDC推定

〇 4月28日付日経新聞記事「米人口の6割がコロナ感染、子どもは8割 CDC推定」によれば、

疾病対策センター(CDC)は米人口の6割が新型コロナウイルスに感染したと推定する報告書を公表した。11歳以下は8割近くが感染したと推定。

 

 足元では新規感染者数がじわりと増加しているものの、バイデン政権のファウチ首席医療顧問は「米国はパンデミック(世界的な大流行)の段階から脱した」と語った。

 

 採取された血液検査のサンプルから新型コロナの抗体が検出された割合をもとに、2月時点での感染者の割合を推定した。この結果、全人口(約3億3000万人)の57.7%が感染したとみられると指摘した。2021年12月時点では33.5%だった。

 

 若い年代ほど感染した人の割合が高かった。

年代別にみると、

 0  ~11歳(75.2%)と最も高く、

 12~17歳(74.2%)、

 18~49歳(63.7%)、

 50~64歳(49.8%)、

 65歳以上(33.2%)

と続いた。米国では5歳未満がワクチン接種対象外となっている。

 

 21年12月からの推移をみると、22年2月までに若い世代ほど感染割合が大幅に増えたこともわかった。0~11歳は31ポイント増加した。

 報告書は「特に子どもの間でオミクロン型による高い感染率を示している」と指摘した。

 

 足元では、感染力の高いオミクロン型の派生型「BA.2」により感染者数がじわりと増えている。「BA.2」から派生した「BA.2.12.1」も広がっている。

 米ジョンズ・ホプキンス大のまとめによると、4月26日の新規感染者数(7日移動平均)は約5万2000人と、1カ月前に比べて7割増えた。ただ1月上旬のピーク時に比べると1割弱にとどまっている。

 

 ファウチ氏は4月26日の米公共放送PBS番組で、報告書に関し「感染した人とワクチンを接種した人を合わせると、かなりの米国民がある程度の免疫を獲得している」と指摘した。

ウイルスを根絶することはできないだろうが、米国はパンデミックの段階から脱した」とも語った。」