願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#南アコロナ 「BA.4」と「BA.5」が拡散。感染者数が前月比5倍増。

〇 5月3日付中央日報記事「南ア、寒くなると再び感染5倍に…「韓国も再流行に備えなければ」によれば、

「(前略)

 昨年11月オミクロン株が初めて確認された南アフリカ共和国は冬季に入ってオミクロン株の下位変異「BA.4」と「BA.5」が拡散して感染者数が1カ月前より5倍増えた。米国もニューヨークを中心に下位変異が広がっている。(中略)

 

 南アフリカ共和国でオミクロン株の下位変異「BA.4」と「BA.5」が本格的に拡散し始めたのは先月からだ。

 

 国際統計サイト「アワー・ワールド・イン・データ」によると、昨年12月中旬オミクロン株大流行の頂点を過ぎて大きく落ちた週間一日平均感染者が4月中旬から再び急激に増え始めた。

 4月2日955人だった週間一日平均感染者数は今月1日基準で4693人で約5倍増えた。

 

 検査者の中で陽性の割合も4月中旬5%台まで落ち、最近19%台に急増した。

 

 先月29日(現地時間)、南アフリカ共和国のジョー・ファーラ保健相は記者会見で「南アフリカ共和国が思ったより早く5度目の大流行が始まる可能性がある」と明らかにした。ただし、ファーラ保健相は「集中治療室(ICU)を含んで入院率は安定的な状況なので劇的な変化はない」と説明した。

 

 米国もオミクロン株の下位変異「BA.2.12.1」が拡散して頭をかかえている。

 

 昨年12月、米国で初めて検出された該当変異は現在のニューヨークを中心に急速に拡大している。米国では2週間ぶりにシェアが6.9%から19%に高まった。現在まで知らされた変異の中で感染速度が最も高いステルス オミクロン株より20%さらに早いことが分かる。

 ただし、初期研究結果ではデルタや他の既存変異より致命率は高くないものとみられる。(後略)」

 

〇 南アフリカは、これまで半年ごとに4回、感染爆発が起きています。

1回目は2020年7月、2回目は2021年1月、3回目は2021年7月、4回目は2021年12月です。

 4回目は、オミクロン株によるもので、全世界に感染が拡大しました。